2016年12月26日

12月26日

ちょっとした豆知識。
部屋を広く見せるために3つのポイント。
1.床面を大きく見せる
床面積が広いほど実際よりも部屋が広く感じられます。
家具は床面積の3分の1に抑えるのが理想。

2.家具を分散させない
部屋の4面全部に家具があるとデッドスペースができまとまりがなくなるので、
床の面が多く見えるようまとめて置くのが理想です。

3.入口付近に家具を置く
大きな家具がある場合、入口付近にまとめると部屋に入った時の圧迫感が減り
奥行感を出せます。部屋の奥に向かってだんだん低い家具を配置するといいと思います。

続いて。
色はインテリアの中で大きな印象を与えるひとつ。インテリアの色はファッションや小物と違い、大きな面積を占めるものが多いというのがその理由です。
また、生活をする為の道具には全て色があり、それらを無意識に選んでしまうと色が氾濫してしまうことがあります。例えばシンプルなインテリアを完成させるには色使いがとても重要です。
基本は3色。壁面、床、天井。この色をベースとして3色でまとめると、落ち着いた雰囲気になり、小物でアクセントの色をもってくといいと思います。

現場作業は
照明器具の取付けが完了しました。
今回メインとなるのがオーデリックのシーリングファン。
2015年のグッドデザイン賞です。シンプルでかっこいい!
DSC_1328 (1).JPG

そして外部で使用する照明と配管を室内で使用。無骨さがいい感じになりました。
DSC_1326.JPG

DSC_1325.JPG

1階部分のタイル張りも完成。
あとは目地入れ作業。
DSC_1314.JPG

タイル横の壁面は黒板に仕上がり。
DSC_1312.JPG

明日からはお店での作業が続きますので
ご来店お待ちしてます。




posted by Flat Style at 22:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445243831
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
新着記事
(05/29)5月29日
(05/27)5月28日
(05/25)5月25日
(05/23)5月23日
(05/21)5月14日
記事検索
 
最近のコメント
9月15日 by フラットスタイル (12/15)
9月15日 by オグマ (12/15)
9月15日 by フラットスタイル (12/15)
9月15日 by オグマ (12/15)
10月9日 by 松崎 (10/12)
過去ログ
タグクラウド
最近のトラックバック